2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Friends

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の66件の記事

ちょっとお休み中

ずっとご無沙汰のままでごめんなさい。

現在ブログ引っ越しの予定で準備中・・・happy02
こちらの吉祥寺情報は残しつつ、もう一つはフットケア情報など
仕事&いろいろでやるかもしれません。

またお知らせしますのでしばしお待ちを。shine

卒業

卒業シーズンですね。

私の一番上の姪も中学3年生。
長かった受験生活から解放され、無事に高校進学も決まりほっと一安心です。

姪は元々理科が好きなのですが、福山雅治主演のドラマ「ガリレオ」に多大なる影響を受け、物理にはまりこんでました。同じく、理系大学(電気電子学科)卒の私の二番目の姉から比較的読みやすいという量子力学だかなんだか物理の本を借りて読みふけってました。
恐るべしドラマの効果ですよ。恐るべし福山雅治ですよ。
キムタクのことをおっさんと言っていたのに福山雅治ファンにはなりました。

そして、当然の様に進路も理系に決めて、自分の実力よりもちょっと背伸びしたところに目標設定したらしく・・・
でも、私立はお金がかかるでしょ。絶対に公立に行かなければならない、という暗黙の了解みたいなものは当然あって。sweat01
彼女は理科は好きだけど、数学は苦手なようで…親ばかりか私までドキドキでした。

彼女は塾にも行ってないし、さすがに、結構しんどいだろうなあ〜って思っていたのですが、お正月も実家に集まった時にものんびりお餅を食べてたし、私立受験の朝、出かける前にピアノを弾いてのんびり構えたり、新曲ができたよ!なんて言ってきたり、なんだか私たちの頃とは違って全然緊迫感がないんです。

そして、本命の受験当日、一日目が筆記、二日目が面接だったのですが、その面接の日に雪が降ったんです。私は「雪だと大変だろうな〜」って思ってたんです。
姉から聞いたのですが、彼女は「控え室から出たら、窓から雪が降っているのが見えてテンションがあがった!happy01面接はばっちり。」だったそうです。しかも、面接官に「数学は好きなんですけど、ちょっと苦手で〜sweat01」ってちゃんとフォローまでしたそうです。

いや〜あっぱれでした。

そんなこんなでついに合格が決まり、春からは高校生。
誕生して15年。
あっという間ということはないですが、確実に彼女は成長しましたね。
私から見ても、彼女はかけがえのない中学校生活を送れたように思います。
先日会った時に「あ〜、あと10日しか学校に行けない〜、卒業したくな〜い」
と言った彼女の言葉が印象的でした。

明日は卒業式。

明日、電話しよう。

卒業おめでとう。

あけましておめでとうございます。

新年2009年のスタートですね。
年賀状より友人の結婚の報告を受けたり、子供の成長をみたりと
新鮮な気持ちにさせてくれるのがお正月らしくていいですね。

さてさて、12月は一度も記事を載せずさぼってしまいました。
というか昨年は後半以降あまりこのブログに力を注がずにきてしまいました。
読んでくれている方もちらほらいるのに、、、申し訳なく思っています。
と、反省から入る新年のスタートですが、
のんびりとマイペースにやらせて頂こうかなあ~と思ってます。

また吉祥寺情報もたまってきているので、随時紹介させて頂きます。

今年もよろしくお願いいたします。

ふたつの映画館

先日、新宿で久しぶりに映画を観ました。
『20世紀少年』を観たんですけどね〜。その感想は後ほどshine

Spica

今年7月にリニューアルした「新宿ピカデリー」へ行きました。
びっくりしました。映画館が丸ごと変わっていたのです。
今、映画館の主流となっている「シネコン」タイプで、
全部で大小合わせて10スクリーンが地上4階から11階まであります。
3階のロビーは白すぎる程のまっ白さが少々きついですが、
フードメニューも充実していてついついポップコーンとコーラなど
買ってしまいそうになるほど購買意欲をそそられます。

そんな中でもやはり一番嬉しいのが、
ネットで事前にチケットと座席を確保出来るということです。
割引対象の1000円で観られる日も例外なく購入出来ます。
ネットでクレジット決済購入したら、当日発券機でチケットを受け取ればOK!
らくちんだし、仕事帰りに焦って会場へ走らなくても済みます。
いや〜。嬉しい限りです。
これで、水曜のレディースデーは毎週行っちゃったりしてhappy01
そうそう、それにポイントカードがあって6回行くと1回無料で観られるんですよ。

映画館も変わりましたね〜。
一時期は集客が確保出来ず料金も下げることもなかなか出来ず、
おまけに衛生テレビやレンタルビデオなどが普及して
外で映画を観るなんて人がものすごい減って
映画館の生き残りも心配されていましたが、
商業都市においてはかなり盛り返していますね。
そりゃそうですよ。
映画は大きいスクリーンで観なくては!
と、毎回映画館で観ると思うわけです。
とにかく、これからが楽しみです。
*****************************

そして、もうひとつ。
先日、テレビで見て尾道に映画館が復活したことを知りました。
2001年に尾道で唯一残っていた最後の映画館「尾道松竹」が
街から消えて7年。
確かに、私が初めて尾道に行った頃はありましたね。
ピーク時は尾道、向島合わせて14館もあったようです。
尾道駅前のすぐの商店街入口は信じられないくらい墓場化していたので
これで少し賑やかになるかな?

Cinemaonomichi

そして、シネマ尾道が10月18日に旧尾道松竹の跡にオープン。
それまでの道のりは大変だったようですが、映画の街としての復活の第一歩となるでしょう。
NPO法人「シネマ尾道」代表の河本清順さんは31歳の女性。
“初めて映画館で映画を観た時の感動を伝えたい”
“日常生活の中に映画を身近に感じられる街にしたい”
と いう思いで活動して市民の方の協力も得て映画館を復活させることが出来たようです。

そんな映画館で最初に上映されたのは橋口亮輔監督『ぐるりのこと』。
リリー・フランキー主演でちょと気になる映画でしたが見逃していました。

112席と小さな映画館の再スタート。
まだまだ課題も、問題も多いでしょうががんばって歩み続けて欲しいです。
募金や活動の応援など募ってますので興味のある方は見てみてください。
「尾道に映画館をつくる会」

尾道松竹が休館となった時の記事


家族キャンプ

今月の連休に家族で那須へ行きました。
キャンプをしたいと言ってもちびもいてテントはさすがに大変なので、宿泊は施設にして昼間BBQをするという感じで軽くアウトドアを楽しんで来ました。

Camp1

そんなBBQのメインディッシュは二番目の姉のダンナ様特製お好み焼き!
彼は関西の人なのでお好み焼きとたこ焼きにはかなりのこだわりがあり、それがまた旨い!
外で食べるのもまた格別でした。
本当に美味しかった。

Camp2
それと、最後にやっぱり焼きおにぎり!
醤油を持って来てなかったので、今回は余った焼き肉のたれを染み込ませ焼いたらこれまた絶品!
あ〜。外の空気と共に美味しい料理に満足。

やっぱり楽しいですね〜。
すごい寒かったのですが、家族でわいわいと賑やかにできる時間は格別です。

また来たいですね〜。

遅すぎる夏の報告…

ご無沙汰し過ぎですね。
今年の夏前からちょっと忙しくて、休日にパソコンの前でゆっくりする時間がありませんでした。

言い訳は良いとして…

今更ですが、今夏は音楽をたっぷりと聴いてきたのでちょっと振り返ってみます。
以前にも話ましたが、毎年仲間で行う忘年会の時に『今年の一曲』を個々に発表するのですが、
今年はどれにしようか…と迷ってしまう程、こころに響く音楽にたくさん出会ってきました〜。

まず。

note8月12日火曜日
小田和正『今日も どこかで』in 横浜アリーナ

以前、少し触れましたが5月にも行き、今回は母親と二人で。
再び小田さんの澄んだ歌声に感動。
そして、会場を隅々まで動きまわる小田さんはまた客席へと降りて行き、再び私たちの横を通って行きました〜。happy01
毎回驚きますが、やはり会場のお客さんがみんな小田さんファンだからこそ成せる技ですね。
ファンの方々も小田さんにあまり負担をかけない様に気遣っている感じがします。
パフォーマンスをする側とそれを受ける側とがひとつの気持ちになってこそ、こういう大きな会場で成功するのでしょうね。
愛を感じました。

改めて小田さんの曲を聴くと、何度なく繰り返される言葉たちはみな日本語で語られ、あまり英語を多様しないところがいいな〜と思います。
その思いが私たちのこころに届きやすいのも、ファンが長くファンでいられるのもそのおかげかもしれません。会場には50歳以上のおばさま&おじさまもたくさん来ていました。
いや〜。すてきな夏の始まりでした。

note8月16日土曜日
沢知恵山口洋『晴れたら空に豆まいて2周年記念 「代官山満月の夕」』

久しぶりの沢さんのライブ。そしてHEATWAVE山口さんとのコラボ。
何より、「満月の夕」を聴けるというのなら行くしかないと思い行って来ました。
お二人については、それぞれのリンク先をクリックしてご参照下さい。
とにかく、二人ともかっこいいです。
パフォーマンスはそれぞれ違っているのですが、音楽の素晴らしさやかっこよさを伝える力が力強いです。
そんな二人が一緒に奏でた一曲。ずっと聴きたかった沢さんの「ザ・ライン」でした。
この曲に出会って以来ずっと聴きたいと思っていたけど、なかなか実現しなかったので本当に感動しました。ファンのリクエストに応えて…とのことでしたが、そのリクエストをしたのは私の友人であるルームメイトでした。この前の週に高松で行われた大島青松園コンサートへ行き、色々手伝いなどもした友人が沢さんにリクエストはあるか?と聞かれていたそうです。
でも、まさか本当に歌ってくれるとは。 正に、感動の瞬間でした。

本当に素敵な夏の夜でした。

note8月22日土曜日
サザンオールスターズ「真夏の大感謝祭」30周年記念LIVE in 日産スタジアム

Sas言わずと知れたサザンオールスターズ。
私の姉夫婦が昔からのファンだったので、学生の頃からチケットのおこぼれを何度となく頂き度々一緒に行っていました。
まさか、活動を休止するとは思っていませんでしたがこればかりは仕方がないですね。
7万人の観客の中、彼らはファンの気持ちに応えるかの様にたくさんの懐かしい曲をメドレーで歌い続けてくれました。
本当に名曲が多いこと…
高校生のあの頃を思い出しますね〜。
一番聴き込んでいたその時代に引き戻してくれる歌の存在感の大きさを改めて感じた一日でした。

またいつか新しい一曲に出会えることを楽しみにしています。

note8月30日土曜日
ビューティフルハミングバード『第三回 耳をすまそうコンサート』in 初台近江楽堂

アコースティックギターと美しい歌声がすばらしいふたりのパフォーマンス。
最近は住友林業や資生堂などCMでも耳にすることも増えました。
今回は100人くらいの小さな箱。
マイクなしの生音が素晴らしかったです。
以前、池袋の自由学園・明日館でのライブも素晴らしかったですが、それ以上に良かった。
彼らの歌は、とても優しく温かさを感じることができます。
休日の朝、彼らの歌を耳にすると一日が穏やかに過ごせるような、そんな気持ちにさせてくれます。
まさに、夏の終わりに近づいて季節の移り変わりを歌と共に感じさせてくれた日でした。

note9月6日土曜日
くるり主宰 京都音楽博覧会2008 in 京都・梅小路公園

Onhaku08行って来ましたよ〜。
仕事帰りに夜行バスに乗って…若いですね〜。
久々に野外ライブ。この時期は台風の心配もあり(昨年はかなり降られた様で)、しかも私はかなりな雨女。
しかし、パラッと降ったぐらいでおさまり無事に素晴らしいお天気と共に終えることができました。

特別くるりのファンという訳ではないのですが、昨年に引き続き小田さんが出るということと、以前ライブへ行ったハンバートハンバートが出るということ、友人がたまたま買ったCDの黒人アーティスト・アシャが出るということ、さらに久々に京都へいきた〜いというのが最大の理由でもあり行って来たわけです。

ハンバートハンバートの爽やかな歌声に始まり、夏の終わりの強い陽射しの中こんなにも広い空間で足を伸ばして、芝生に寝転んで聴ける音楽っていいです。
小田さんのも4曲ほど歌いましたが、今回はあの「ラブストーリーは突然に」をアコースティックバージョンで聴けたのが良かったです。
この曲は、正直あまり好きではないのですが、ギターに松たか子のダンナ様・佐橋佳幸を迎えかっこ良かったですね〜。でも、小田さん曰く「こうやって歌うと正直どこで息つぎしたらいいのか。しんどいね」とのこと。自分の曲なのに…

そして、アンコールで歌ったくるりと細野晴臣のコラボではっぴえんどの名曲「風をあつめて」が聴け、感動の中終わりました。

いや〜。良い夏でした。
こんな風に音楽三昧の夏も素敵です。本当は、7月の apbankの嬬恋のフェスタにも行きたかったのですが…それは、来年に再チャレンジということで。

あ〜夏休み

世のこどもたちの夏休みも後半に差し掛かり、我が家にも甥っ子姪っ子たちがやってきました。
今年は、いつも来る私の上の姉の4番目の女の子(4歳)も連泊初体験。しかも3泊4日。
そして、なんと私の下の姉の長女(6歳)も全然泊まりに来る気配なんてなくて、まだまだ先の話だろうと思っていたのに、
3日目に日帰りで遊びに来た時に『お泊まりしちゃえば〜』って言ったら、
『泊まりた〜い』と言ってくれたので、我が家でのお泊まり初挑戦ということになりました。
そうそう、自分からそういう気持ちになる時って大事ですからね。

なので、我が家のリビングには5人のこどもたちが川の字になって寝ております。
すごいですね〜。我ながらすごいことをやっている様に思います。

そんなこどもたちと過ごす夏休みも本当に楽しいもんです。
まあ、彼らが居る間は、彼らに振り回されたり、怒ったり、大笑いしたりとエネルギーを使いまくりますが、でも、やっぱりそんなことが幸せです。

こんな夏休みの前夜は、二度目となる小田和正のコンサートに母と行き、しっかり爽やかな風をからだの中に取り込んでおいたからパワーが出たのかもしれません。
3ヶ月ぶりとなる彼の生歌は、本当にエネルギーがあり、爽やかで、温かく、心地よいものでした。
何度も聴きたくなってしまいます。

また、次なる機会を楽しみしたいと思います。

皆さんはどんな夏休みを過ごしていますでしょうか。

安藤忠雄講演会を聞いて

ご無沙汰してしまいました。
なんだか7月はパソコンに向かう率が低くなってしまいました。
もうすぐ北京オリンピックも始まってしまいますね。
今回のオリンピックは色々な問題を抱えての開催ですが、
きっと毎回見えないところでは色々な事情があるんでしょうね。

ところで、オリンピックと言えば2016年開催にむけて東京も候補地としてあがってますね。
私は、何も東京でやらなくても、オリンピックをきっかけに国の発展をかけている様な新しい地でやった方がいいと思うのですが。
実は、先月友人からお誘いを受けて建築家・安藤忠雄の講演会へ行って来ました。
『東京メトロ副都心線渋谷駅開業記念・安藤忠雄講演会〜東京が変わる。渋谷が変わる。〜』と題したもので渋谷の旧渋谷公会堂、現C C Lemonホールで行われました。

東京最後の地下鉄と言われている副都心線の渋谷駅を設計したということと、2016年のオリンピックの東京開催を目指し、そのグランドデザインを担当しているという立場から、自身の世界各地でのプロジェクトや国内では同潤会アパートの跡地である表参道ヒルズや淡路島の本福寺の設計の話を交えながら、東京という日本の都市づくりに対してどのように考えているか、
また、私たちはどのように考える必要があるのかなど約2時間にも及ぶ話を面白く私たちを飽きさせることなく話していました。

Shibuya_2
↑これが、渋谷駅内部。通称「地宙船」。
吹き抜け構造と駅全体が球体となっていることで、外の空気を取り込み、地下で熱くなった空気をうまく排出できるそうです。自然換気をうまく利用し、エコな駅を作ったそうです。
構内には駅全体の模型もあるようなので、それを見るとよく構造がわかります。

安藤忠雄氏の建築はいろいろなところで見ることが出来ますが、やはり作り手本人から直接話を聞けるというのは興味深かったです。
ところで、2016年の東京オリンピックのグランドデザインを担当する本人はどのようなオリンピックを思い描いているのでしょうか。
全てが安全で、清潔であるオリンピック。
静かなオリンピックを目指すという。
1964年の東京オリンピックの建物を修繕し利用するリサイクルなオリンピック。
そして、もう一度東京という都市を美しい都市づくりのきっかけにしたいという。
もちろん、メインスタジアムは新たに建設しますけど。。。

他の最終候補地は、スペインのマドリッド、アメリカのシカゴ、ブラジルのリオデジャネイロです。
この中で、東京は有力らしいです。その理由は、まず安全であること、そして選手や観光客が宿泊できる設備も十分に整っていること、地下鉄を初め交通網がしっかりしているので移動がしやすいということ、だそうです。

安藤忠雄氏が言うリサイクルなエコなオロンピックが実現するというのなら、私も見てみたいと少し心が動きましたが、どうなんでしょう。

ひとまず、北京オリンピック。気になる競技チェックしなくては。。。


夏が近づいている!

080705この週末は暑かったですね〜。さすがにクーラーはつけたくないし、でも部屋の中は風が通り抜けないし…大きめの扇風機があるのでそれでなんとか風を感じてました。
でも、午前中のベランダは、まだ過ごしやすく週末ブランチは快適でした。
今回は、先日福岡へ行って来たルームメイトのお土産の明太子を使って、タラコではないけどタラモ風なるものをベーグルのトッピングにしました。着色料で赤々としていない天然の色合いがとってもきれいで、辛さもほどよくとっても美味しかったです。ありがとう。happy01
さすが特産品だけあって、空港にはたくさんの明太子があったそうです。梅明太や小さいにイカにつめたイカ明太とか。辛さも色々選べるんですね。
もちろんスタンダードなものを買って来てくれたのですが、やっぱり一番シンプルなものが美味しいんですよね。これでご飯が何杯でも進んでしまいそうです。

もうひとつのおかずは、またまたスペインオムレツ。またか!
でも、今回はちょっと大人な味です。まあ、残り物のお野菜を入れただけなんですが、キャベツの千切りとタマネギとセロリとアスパラ入りです。そこに乾燥バジルとタイムとオレガノを入れて焼き上げました。ハーブのほろ苦さと香りでちょっと大人っぽくなりました。

そうそう、飲み物は久しぶりに随分前に青森へ行った時に買ってきたリンゴ酢水にしました。
原液を7倍くらいに薄めて飲むのでなかなか減らずにおりましたが、この週末でついに終わってしまいました。夏になるとこういった爽やかな冷たいものを体が欲しますね。
フルーツのお酢だと酸っぱいのが苦手な人でも全然平気だと思います。夏にはもってこいです。
水ではなく牛乳で割るとシェイクみたいになって、これまた美味しいです。

夏はもうすぐそこまで来てます。
やっぱり夏が近づくとウキウキしますね。色々計画をたてなくちゃな〜。
暑い暑いといいながらも全然平気なので楽しく乗り越えてますが、暑さが苦手な人は憂鬱なんでしょうね。
でも、体を冷やす夏野菜を摂ったり、辛いものを食べて汗を流して夏向きの体にして乗り越えましょう。(←夏向きのからだって表現いいですよね。槇村さとる原作のマンガ「おいしい関係」で主人公が言ってました。)

静なる時間

Rainday1雨の日が続くとさすがに気分もぱっとしなくなります。
外に出る気にもならなくなってしまいますが、静かに過ごす時間というのも大切なんですよね。
無理をせず、動かずに静をみつめる。
静の時間をどう過ごすかということがその人の大切な部分を作り上げるなんてことも言えるのだろうなあってこの頃思います。

でも、私なんかはついついダラダラしてしまいますね。。。。
おっと、いけない、いけない。
だから、雨の休日は思いっきり掃除。
お風呂場を念入りに掃除したり、突然、靴磨きをしたり…
台所は意外と夜中にピカピカにしたくなるんですよね。

結局、静なる時間なんて言っても動いちゃうのね。
静かに過ごせないのかしら。

あ、でも、模様替えをしてお部屋が一新されると、きれいになった部屋の中でゆったりチェアに座って読書したくなったりして。
そんな時は贅沢な時間を過ごしている様に思いますね。

もっと、そういう時間を増やして行くのも大事だな。

緑がたっぷりの雨の雫をその一枚一枚の葉で受け止めて、柔らかくその重みの揺れに身を任せている様に、静なる時間をゆったりと過ごして体にいっぱいの潤いを与えてあげたいですね。

より以前の記事一覧