2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Friends

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年5月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

ミュージカル『RENT』

ご無沙汰していました。
春から新しい仕事を始めて慌ただしい毎日がどんどん過ぎて行くため
ゆっくりとパソコンに向かう時間がもてずにいました。
気がつけば夏が終わりを告げようとしているではありませんか。
少ないお休みには夏休み恒例のこどもたちのお泊まり会もなんとか実行し
ノルマを果たした様な気持ちにもなりつつ、
しかし夏らしいイベントは一切やってこなかったフラストレーションも抱えつつ。。。
まあ、そんなこんなですがとりあえず前に進んでいるという感じです。
今の仕事はもう少し?がんばりますよcoldsweats01

そんな中楽しみにしていた念願の舞台を観に行きました。
赤坂ACTシアターで上演中の『RENT』です。
ブロードウェイの来日公演で、主役二人が初代オリジナルメンバーなのです。
そう、映画『RENT』にも出ていたアダム・パスカルとアンソニー・ラップです。
初演の1996年から13年経ってもこうして同じ役を演じられるというのは、
彼らの強い思いとそれを見たいという周りの気持ちの強さだと思います。
『RENT』に関しては以前の記事も紹介しておきます。こちらを。

1980年代のニューヨークを舞台にして、
ドラッグ、エイズ、同性愛、貧困、人種差別など
様々な問題を掲げてそれを舞台の上で表現していくことは
今までのミュージカルのストーリーにはなかったこと。
すごいことだと思います。

さて、肝心の舞台ですが、さっぱり英語がわからない私にとっては
字幕があるといっても少しの手助けになる程度なので、
もし映画を観ていなかったら大変なことになっていたと思います。

いくつもの場面がひとつの舞台上で繰り広げられる演出や言葉の掛け合いなど、
単に音楽の良さだけを堪能すれば満足という作品ではないので
本当に映画を観ていてよかったです。
それだけ、映画版はとても完成度が高いと思います。

ただ、いわゆるRENTフリークなる人たちがたくさんいて
始まる前から「キャーキャー」と出演者に興奮してる姿が少々気になり
ちょっと鬱陶しくも思いましたが、まあ、初めだけだったから良しとしましょう。

そして、生の舞台の迫力に優るものはなく、生の歌声やバンドの音楽や役者の動きなど
すっかり感動してしまいました。
あと、今回は『コーラスライン』にも出演した唯一の日本人キャスト高良結香さんも出演してました。
ちっちゃな彼女が大きな舞台で成功し、夢を実現させている姿を見るのは同じ日本人としてやはり嬉しいものですね。

とにかく久しぶりにミュージカルの迫力と作品の力にただただ感動した夜でした。
もし、映画をみる機会があれば是非一度観てほしい作品です。
おすすめです。

やはり映画のオープニングは素晴らしいです。

« 2009年5月 | トップページ | 2009年9月 »