2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Friends

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 映画「崖の上のポニョ」 »

映画「おくりびと」

昨年、劇場で観た映画の中でもっとも心に残った作品の一つとなりました。

これは、間違いなく人に薦められる映画です。

主演の本木雅弘のこころの動きが、彼の所作ひとつひとつに現れていて
ことばを多く語らずして演じることのできる俳優であることを改めて感じました。

舞台となっているのは、東北、庄内平野の山形県酒田市。
東北という地の力も十分に作品の良さに現れている。
閉鎖的な風土、死というものを目の前にして人々の冷たくなった心、
それを決してメジャーではない納棺師という職業を通して、
天国へ送り出す彼らの心のこもった儀式を目の前にして、
春の雪どけのように、人々のこころがほどけていく。

すべてが終わったときに、先ほど納棺師に対し悪態をついていた家族が
「ありがとう。」とひとことを伝えにきてくれる。

人々に理解されようが、されまいが、感謝されようが、されまいが、
自分自身の行いに信念があればそれは必ず最終的には人へ伝わる。

こんな風に家族を送り出すことができたらいいなと思う。
旅立つ人への想い、残された人々の心の整理もしっかりとすることができる
様に思う。

納棺師の仕事を目の前で見ることが出来たら、
きっと、人の死にたいして語り合える家族になれるような気がしました。

まだ、一部上映している映画館もありますので是非足をお運び下さい。

公式サイトはこちら。

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 映画「崖の上のポニョ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。
この作品は、観ようかな~と思いながらも観ないで過ごしてしまったので、この記事を読んで、DVDになったら絶対観よう!!と思いました。感謝します。
では、今年もよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217729/43622164

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「おくりびと」:

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 映画「崖の上のポニョ」 »