2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Friends

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

雨の中

0805315月の雨。
こんなに冷たかったっけ?
雨に濡れた冷えたベランダでの朝食は、お天気に負けない様にちょっと豪勢に、元気が出るメニューがいい。
最近、平日の夜は食事を抑えめにしているので、週末の食事の始まりの朝がやってくるのを待ち遠しく思っている。

そんな、朝ご飯。
やはり定番のオムレツ。今日はカボチャを入れてみた。ほんのり甘みが出て柔らかくなる。
今年、このオムレツの写真で年賀状を作った。ついでにレシピも載せたので、たくさんの友人たちが作ってくれているようです。
私が幸せを感じた料理が、みんなの食卓にも登場してもらえるなんて嬉しいな〜って思ってます。
このお日様のような、お月様のような黄色のまん丸が元気にさせるでしょ?

このブログでもレシピを紹介したので、まだの人も是非!

0805312今日は、サラダに加えてもう一品。
「アサリの彩り酒蒸し」
アサリって砂抜きして殻のまま冷凍できるんですね。
先日姉に教えてもらって冷凍しておいたものを使いました。
冷凍されたまま鍋へ入れられるので便利です。
赤ピーマンとブロッコリーの色がとてもきれいです。
これは、少し余ったので夕食にパスタソースにしましょう。

いや〜。幸せですね。
今日は夜仕事なので、家でのんびり過ごすためのスタートとしては上出来です。

明日は晴れ予報。当たるといいな。

阿佐ヶ谷ベーグル

Begle先日、リフレ仲間のMちゃんからお土産をいただきました。
これが、噂だけ聞いてきた『阿佐ヶ谷ベーグル』です。
早く行かないと売り切れて、閉まってしまう小さな小さなベーグル屋さんだそうです。
土曜なんかは午前中で完売なんてこともあるようです。
この日、Mちゃんたちと夜ご飯を食べるのに丸の内で集合していたのですが、その前にわざわざ早めに買ってきてくれたのでした。
Mちゃんありがとう〜。

ここのベーグルはひとつひとつが大きくて、色がとてもきれいです。
今回は、ゴマやオレンジやプレーンなど5種類も頂いてしまいました。
外はパリッと、中はふんわりもっちりとしていて、とても香りが豊かでした。
いや〜、美味しかったですね。

Mちゃん今度はうちに遊びに来て一緒に食べようね〜。

☆店舗情報☆
住所:東京都杉並区成田東5-35-7
電話:03-5397-2339
時間:7:00~15:00
※地下鉄の南阿佐ヶ谷駅が近いみたいです。

Kazumasa Oda Tour 2008 今日も どこかで

5月21日横浜アリーナでの小田和正☆初ライブに行ってきました。heart01
そう、9月まで続く全国ツアーの関東初日です。

自分が生きているうちに生の歌声を聴きたいアーティストのひとりだったので、ひとつ夢が叶いました。
ファンクラブに入っている職場の友達Kさんに「もし、チケットが余ったら・・・」とお願いしていたところ、遂にお声がかかり横浜アリーナのチケットを入手することができたのです。
Kさん曰く、今回はファンクラブでも抽選に漏れることが多く、なかなか苦戦していたそうです。

本当に感謝です。ありがと〜happy01
Kさんは今回の5月の横浜アリーナを皮切りに毎月の様にラスト武道館まで足を運ぶそうです。
すごいですね。でも、その気持ちわかります。

ところで、感想。

これまで、彼の歌声はブラウン管を通して、CDを通して何度となく耳にしてきました。
そして、その透き通る声にこころを揺さぶられてきました。

しかし、生は別格です。

彼の声は嘘偽りのない本当の声でした。
CD音楽の編集力が向上している今の時代では、CDは素晴らしいがライブになるとその迫力が半減している歌手なんてたくさんいると思います。
でも、当たり前なんでしょうが、生の彼の声はCDから聴こえてくる音以上に私のこころを揺さぶり、体が震えるのを感じました。

そして、なんて自由なんでしょう。
肩の力が抜けていて、まるでその辺を散歩しているかの様にトークをして、歌っています。

とても1万人規模の会場で聴いている様な気がしませんでした。
小さいライブハウスか、近くの公園にいるんじゃないかって、勘違いするくらい近くに感じられました。
多分、会場に作られたW字型の花道を信じられないくらい隅々まで動き回っているからでしょう。
それと、力の入ってないトークも観客との一体感を生むんでしょうね。

そして、今回、なんと!W字型の花道の端まで来た時に、『そこ空けて〜』のジェスチャーをしたと思ったら、私たちがいた座席の近くの通路を歩いてやって来ました!

すごい!本当にすごい!
スタッフは大変なんでしょうけど、二曲歌い終わるまでには(途中歌い辛そうでしたが…)ぐるっと半周して無事に客席に戻って来ました。
本当にすごいことをやってくれます。

そして、アンコール。
もちろんアンコールでもたっぷり歌ってくれたのですが、二回目のアンコールで出てきた時、挨拶位で戻るんだろうなあ〜って思っていたら、二曲も歌ってくれましたよ。

本当にファンに優しい人です。

オフコース時代の曲もたくさん歌ってくれて、今回、生で『さよなら』を聴けたことが一番の感動かもしれません。

そして、今回改めて色々な曲を聴いて、小田さんの歌には取ってつけた様な英語の歌詞がないんですね。
日本語が心地よくからだにス〜っと入ってきて、そのすべての歌詞は優しさに溢れている様に思いました。

感動覚めやらぬ・・・で、私も8月に母を誘ってもう一度行くことにしました。

今から楽しみです。

映画『RENT』

Rent_2映画『RENT』は、1996年に初演されたブロードウェイミュージカルの映画版。
この映画では、ほとんどの主要な登場人物を、オリジナルキャストが演じています。
映画公開が2005年ですから、実に、初演からほぼ10年です。

私がこのミュージカルを初めて知ったのは、初演の年からそんなに時間が経っていなかった様に思います。
それほど、この作品はインパクトがあり、何よりも、原作・作詞・作曲・脚本を手がけたジョナサン・ラーソン本人の「神話」があるからこそです。
彼は、7年の歳月をかけて彼の最初のミュージカルであるこの大作を書き上げたが、その開幕を目前にしたプレビュー公演初日の1996年1月25日未明にマルファン症候群を原因とする胸部大動脈瘤破裂によって35歳の若さで急逝しました。
そして、この作品はそれまでメジャーなミュージカル作品では、敬遠されていた少数民族、セクシャルマイノリティ、ホームレス、麻薬中毒、HIV/AIDSなどといった人々や題材を多く取り上げているということも、当時私が興味を持った理由のひとつでした。

日本でも日本人キャストで上演されましたね。
でも、この様な作品を日本人が演じるのはキビシイ気がします。
観ていないので何も言えませんが。
今年秋にも公演があるそうです。詳しくはこちら

しかし、オリジナルを観る機会がなかった訳ではないのに観そびれたまま、
そんな記憶も奥の方へ置き去りにしていたのですが、ふとしたことから映画版を観る機会がありました。
映画のオープニングから『舞台で観たい!』と思わせる演出も、
今は姿を消した80年代後半のニューヨーク イーストヴィレッジの様子も、
ミュージカルということを忠実に再現した歌による表現もみんな素晴らしかったです。

ジョナサン・ラーソンは、たったひとつの作品しか残すことは出来なかったけれど、唯一つのとても大きな力強い作品を私たちに残してくれたのだと思います。
彼が伝えたかったことは、全て作品の中の数々の歌に込められています。

「生きる」ということ。
「未来」でもなく、「過去」でもない、「今」に生きるということ。
そして、「死ぬ」ということ。

この映画がほぼオリジナルキャストで演じられたということも
大きな意味があるのでしょう。

ジョナサン・ラーソンの亡き後、『RENT』の登場人物たちに命を吹き込んだのは、それを演じた俳優たちであり、オフブロードウェイ公演の大成功の3ヵ月後、晴れてブロードウェイに進出した時、ここでプロデューサー達は、ワークショップの時からジョナサン・ラーソンと共に主要登場人物を創り上げてきたキャスト全員をそのまま再登用するという、ブロードウェイでは珍しいキャスティングを行ったそうです。
このジョナサン・ラーソンの熱い思いを継承した俳優たちのカリスマが、以後10年を越えるロングランとなったこのミュージカルの原動力の一つともなり、映画への出演も可能にしたのだと思います。

オリジナルの舞台は、まだ観ていないけど、久しぶりに秀逸なミュージカル映画を観たように思います。

ミュージカルでも代表的な曲『Seasons Of Love』に乗せてミュージックビデオの映像を是非観て下さい。

そして、何事にも必然というのはあるのだと思いました。
この映画を観た後、今ルームメイトと共にはまっているオーディション番組『アメリカンアイドル』の先週放送されたイベントで出演者たちがこの『Seasons Of Love』を歌っていたのです。
こういうタイミングは偶然ではないんでしょうね。

そして、私がやっと『RENT』の作品に触れた今年、奇しくもブロードウェイでの上演は終了するそうです。
でも、再びどこかで観ることが出来ることを信じています。

ジョナサン・ラーソンについて詳しく紹介したサイトがありますので、興味のある方はこちらを。

屋久島の森

Yaku4

昨年の9月に初めて屋久島を訪れました。
滞在時間は短かったのですが、縄文杉登山も経験することが出来とても素晴らしい旅でした。

我々が訪れた9月。
ひと月に35日雨が降ると言われているこの島には珍しく、ここひと月ばかり雨がほとんど降っていなかったそうです。
しかし、まさしく登山の日の早朝からポツポツと降り始めた雨は、次第にひどくなり我々は大雨と共に縄文杉を目指すことになりました。

朝4時前には起き、5時に宿を出発。
バスで荒川登山口へ向かい、6時半から登山開始。
初めは平坦なトロッコ道。
江戸時代から昭和30年代まで屋久杉の大量伐採のため人々は深い森の中から巨木を切り倒しては、トロッコ電車に乗せて島外へ運び出していたのです。
今では、このトロッコ電車は発電所の補修や土埋木の輸送に活用されているそうです。

そのトロッコ道を、ひたすら、ひたすら歩きます。
花柄傘をさしたガイドさんの後ろ姿です。

Yaku1
photo by naho nakajima

途中、いくつも橋を渡りましたが、数年前に欄干が出来たばかりの橋は川から何メートルの高さにあるだろうか、足元も木と木の間がものすごくあいていて滑ったら川へ真っ逆さまです。
私でさえ、欄干がなかったら渡ることができたかどうか・・・
実際に今年に入って3人落ちているなんて。。。ガイドさんが言ってました。

歩くペースも速いのと、雨で本当に足元が滑りやすくとても緊張していた為、ほとんど写真を撮ることが出来なかった今回。
私のデジカメは、途中で電源がオフにならなくなり、さらに一度オフにしたら二度とオンにならなくなってしまい・・・
ゴール地点の縄文杉では本当に写真どころではありませんでした。
雨粒の大きさが半端ないです。
らっきょう大位の雨粒です。ひどい時はタマネギ大位の雨粒も落ちて来るそうです。
大袈裟な・・・なんて思うかもしれませんが、はっきり言って大袈裟ではないとこのとき確信しました。

そんな中、頑張って撮ってくれたルームメイトの写真をお借りしました。

Yakujomon1
photo by naho nakajima

これが、縄文杉です。
樹齢4千年とも7千年とも言われています。現在知られている屋久杉の中で最も最古で最も太いものとされています。
この木を目の前にすると、人は無言になります。
それまでの登山の疲れは一気に吹き飛びます。
雨にうたれている姿はあまりにも堂々としていて、微動だにしない、揺るぎない信念みたいなものの様に思えます。

しかし、雨がすごい。
この巨木を前にして思いっきり何時間でも思いを巡らせたいのですが、らっきょう大の雨粒が体を打ち付け、体温をどんどん奪っていきます。
そして、この悪天候にも関わらず観光客の多いこと・・・
帰りの時間もある為、しばらく滞在してすぐに下山となりました。

下山していく途中、やっと雨も弱まり少し写真を撮る余裕もできてきました。
乾いた大地がたくさんの水分を含み、苔たちもツヤツヤとふっくらしてとても嬉しそうでした。

Yaku16

往復11時間にも及ぶ登山も無事に終了し(登山口に戻ったのが17時半頃)、疲れた体を引きずるようにして宿へと帰りました。

とにかく疲れましたが、そもそも日帰りというのが間違いでした。
次回は縄文杉付近の山小屋に1泊してのんびり少人数で歩きたいと思います。
1泊すれば、星空を見上げながら縄文杉を観ることも出来るし、朝焼けに染まる縄文杉もじっくりとゆっくりと観れいいですね〜。

また、次回の楽しみにしておきます。

Yaku17

豆腐屋さん  一響屋・・・閉店

Ichihibikiya
吉祥寺に美味しいおしゃれなお豆腐屋さんがあります。

一響屋

こじんまりとした小さなスペースですが、いつも店頭で試食のお豆腐を置いてくれてます。
おぼろ豆腐やゴマ豆腐など風味豊かなお豆腐たちが揃ってます。
店内は、販売スペースと小さなカフェスペースもあり食べることも出来ます。

お豆腐は愛媛県産の大豆フクユタカを100%、鹿児島県十島村宝島産天然海水にがりを使用し職人さんがひとつひとつ丁寧に手作りをしているそうです。

今日は、試食でお豆腐はもちろん、豆乳アイスを頂きました〜。
豆乳の柔らかくほんのりと甘い優しい味がしました。
アイスだけではなくロールケーキなんかも置いてあったりと、お豆腐の楽しみ方も教えてくれそうなお店です。

Okara2豆腐はゴマ豆腐やおぼろ豆腐や厚揚げなど6種類ほどあり、どれもちょっと高価ですがズシッと重みのあるしっかりしたお豆腐です。
そんなショーケースの中に白くツヤツヤしたおからを発見!
試食もさせて頂いたらさっぱりとしたうすいダシで下味が付けられていました。

おもわず「美味しい〜delicious

お店の人が、「シーザーサラダにしてもいいのよ。」なんて教えてくれたので帰ってサラダ風にすることにしました。

Okara1にんじんときゅうりの千切りを加えてドレッシングで和えてパルメザンチーズを一振り!
ちょっとレモンの効いたドレッシングも加えてさっぱりした味付けになりました。
ん〜、新タマネギの千切りをいれても美味しそうだなあ。
見た目も爽やかでヘルシーな一品になりました。

★店舗情報★
住所:〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-26-2
電話;0422-29-7882
営業時間:10:30 - 20:00(季節により変動あり)(売り切れ次第閉店)
  定休日 月曜
  中道通りをまっすぐ行き、右手にあります。

ライブの追記

4月14日にアップした『ライブ』の記事のYou Tubeの映像が差し替わってます。
ご興味のある方は是非ご覧下さい。
前回の最新のライブの映像ですよ〜。
次回のライブは秋に予定しているとのこと。
おにいちゃ〜ん頑張ってね〜。smileheart04

立夏

二十四節気では立夏にあたる今日。
夏への扉が開けられる日。
しかし、今年のGWの天気予報はまんまとはずれ、今日もどんより曇空と雨の匂いがたっぷりしていました。
とは言っても、やはり肌に感じる空気は確実に穏やかになっているので、まさしく立夏なのかもしれません。

今年のGWは、最近掛け持ちで始めたリフレクソロジー関係の仕事を入れたりしたので、ちょっと新しい生活の始まりでもありました。
そんな中、ルームメイトは旅行で不在だったので、私は上の姉を招待しました。
今回は、こどもたちには内緒でこっそりのお泊りです。
こどもたちに言ったら『ずるい〜』の連発だと姉が言ってました。coldsweats01

Gw2夕方近くに吉祥寺で待ち合わせてちょっと吉祥寺散策をして、夕飯の食材を買ってのんびり帰宅。
久しぶりにパエリアを作りました〜。
姉にも手伝ってもらいいい感じに出来上がりました。
いつもは10人くらいで分け合うため一口ずつくらいしか食べられないのですが、贅沢に二人でたっぷり食べられ大満足happy01

Ld_2その後は姉が買ってくれたレモンドロップのケーキcakeも食べて幸せいっぱいです〜。
二人で3つのケーキheartここのケーキは大きめにも関わらず二人でぺろっと食べてしまいました・・・。
美味しかった〜。

美味しいワインを飲みながら、映画の話やこどもの話やいろいろとおしゃべりに花が咲き時間が過ぎるのがあっという間でした。
5歳年上の姉とは、大人になってからの方がたくさん会話をするようになりました。
私が高校生の頃には既に仕事をしていたので、すれ違う時間も多かったからですかね。
今では、生意気な妹の話も嫌がらずにいつも受け止めて聞いてくれます。
こんな風に、大人になって姉妹と気兼ねない時間を過ごせるのは本当に幸せです。

Gw081朝寝坊の翌日の朝食はもちろんベランダで・・・
朝から昨夜の残りのワインを一杯飲んでの贅沢な朝。
今日の定番スペインオムレツはブロッコリーと舞茸&しめじ入りです。
パエリアも少し残っていたのでたっぷりの朝ごはんでした。

また、遊びに来てね〜。
二番目の姉もこどもから手が離れるのはまだ時間がかかるだろうけど、その時は3人一緒にこんな時間を過ごしたいですね〜。

初めての味のカレー

Curry1先日ルームメイトのお兄さん&お弟さんのそれぞれのお嫁さんと我らとで『4人の女の子会』を我が家で催しました。
弟さんのところには二人のお子さんもいますが、こんな時は頼れるダンナ様へお任せしてやってきました。

お酒を飲みながらたくさんおしゃべりをして、長い夜はあっという間に過ぎて行きました。
私には男兄弟がいないので、義理の姉や妹が出来るということがありませんが、こんな風に兄弟のお嫁さんと楽しい関係が築けるなんていいですよね〜。
また集まりに来て下さいね〜。

そんな日の夕食のメニューは、ルームメイトの作ってくれた『きのこたっぷりチャイニーズカレー』
詳しいレシピはわかりませんが、テレビ番組で紹介していたのを見て気になっていたのを早速作ってくれました。
ひき肉をカレー粉と豆板醤で炒めて野菜を入れて鶏ガラスープで煮込んでいくそうです。
ただ、この日豆板醤がなかったためコチジャンで代用したらしいのですが、これはこれでとてもいい感じにチィニーズになってました。
ん〜、詳しいレシピが知りたいですね〜。

flairお!こちらのブログにレシピrestaurantを発見!参考にしてみて下さい。

そして、もう一品は『タイ風春雨サラダ』
これは私が作りました。
実は、これは無印良品で売っていたもの。以前パスタソースを紹介しましたが、これも当たりの商品です。
春雨とソースが付いていて、野菜や魚介を茹でた春雨と和えるだけなので簡単です。
この日は魚介がなかったので、ナスを油で炒めてしばらくナンプラーに漬け込んでおいたものを一緒に和えました。
ソースがしっかり味をピリッと辛みの効いたエスニックにしてくれます。
オススメの一品です。

Harusame

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »