2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Friends

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 映画「earth」 | トップページ | 野田MAP『キル』 »

立春

皆さんは、『暦 こよみ』というのを意識して生活をしたことがあるでしょうか。
特に考えたことがなくても、例えば天気予報であったり、学校行事であったりと、知らずに暦にまつわる言葉を耳にしていることは多いと思います。

そもそも、暦ってなんですかね?
現在日本では、太陽の周りを一年をかけて一周するという太陽暦を採用しているのですが、それ以前は月の満ち欠けを利用した太陰暦を採用していました。しかし、月は29日半かけて地球を一周するため、太陰暦では一年が354日となり季節に変化をもたらす太陽の運行とはズレが生じます。
そこで、中国で考えられたのが月日は月を、季節は太陽をもとにするという『太陽太陰暦』です。
その主な特徴が『二十四節気』。太陽が移動する黄道を二十四等分し、各節気の間隔を約15日とし、これにより季節の変化を知ることができるようになったのです。
日本では、飛鳥時代から採用され、日本の季節に合うよう改訂されてきました。
そのため、日本で旧暦というのは太陽太陰暦のことを言うそうです。

現在でも、春分や夏至などといった季節感を表すことばとして二十四節気は私たちの生活に根付いています。

そんなことの書いてある本を今年はじめに買いました。
今年は、そんな二十四節気とともに季節を感じながら過ごせたら、、、と思ったりしてます。
↓こちらを参考にしました。

そして今日は、一年のはじまりの『立春』
2月3日の節分を境に春がやってきます。現在では、節分の行事は春のみですが「季節を分ける」という意味で大晦日的な要素があり、節分とは立春・立夏・立秋・立冬の前日を言うそうです。
節分を終え、こうして迎えた春ですが、昨日は東京にも雪が降りましたね。
寒かった〜。今日から春と言っても実感はありませんが、確実に陽が長くなったことは感じます。
春のはじまりが一年のはじまり。
まだまだ寒いですが、通勤の道々に春を感じる日も近いでしょう。
楽しみです。

« 映画「earth」 | トップページ | 野田MAP『キル』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217729/17961077

この記事へのトラックバック一覧です: 立春:

« 映画「earth」 | トップページ | 野田MAP『キル』 »